私が担当です。社長の下山です

画像の説明

イラストで書くとこうなります。(笑。)

出生地岡山県玉野市
生まれ昭和27年2月
卒業大学昭和49年慶応義塾大学商学部卒(卒論免除???)
職歴昭和49年株式会社天満屋入社;倉敷店配属外商部卒
昭和54年株式会社サブリーナ入社;取締役業務部長
同年12月ショッピングセンター サブリーナタウンオープン
(キーテナント 株式会社イズミ)
昭和54年株式会社サンタモニカ設立
サブリーナタウン1Fへタオルショップ サンタモニカ オープン
昭和63年ラッピング用品卸売りメーカー設立
平成14年3月遠赤外線放射鉱石を使用して健康グッズ製造開始
平成18年11月 岩盤浴SaLaSaLaオープン
その後紆余曲折の末現在に至る
特技:1夢想神伝流居合道2段
学生時代は関東学生居合道連盟幹事長を経験
特技:2ヨット(若い頃は徳島まで鳴門を越えてレースに参加)
小型船舶一級免許保持
特技:3ゴルフ
30年間で1回しか100を切った事がないのが自慢(仕事一筋?)
特技:4外国人とも仲良くなれる
韓国には親戚づきあいしている友人あり
座右の銘継続は力なり


画像の説明

学生時代の竹の試し切りです。
結構鋭い切り口でした。今も保存しています。

育成光線の研究を始めた理由

私どもの会社はもともとは、ラッピング用品のメーカーです。

ラッピング用品といえば、お誕生日・バレンタインデー・クリスマス・何かの記念日等にプレゼントを包む、あの包装紙・ボックス・リボン等を販売しています。

一年で一番忙しいのが、バレンタインデーです。
10月位からバレンタインデーの出荷に向けて商品の加工を始めて、大手量販店様・ロフト様・東急ハンズ様用の荷造りをしていきます。

12月の末頃から大口出荷が始まり、2月14日の当日の直前まで毎日荷物との格闘です。

そんな中、バレンタインの出荷がおおむね完了した頃に首が痛くなり、左手の指先がしびれるようになりました。

近くの整形外科で診察してもらうと、頚椎何とか何とか症と言われ、1週間に2回首を牽引してもらっていました。

又指先の痺れに関してはレーザー治療をしてもらっていましたが、少しは痛みがとれていきましたが、なかなか治らずに苦労していました。

そんなとき友人が、ある石をパウダー状にしたものをナイロン袋に入れた状態で、「これを首に当ててみたら!」と言って渡してくれました。それとそのパウダーをクリームに練りこんだものを渡して、「これを腕に塗ってみなさい。」と言い、クリームを腕に塗りこんでくれました。

その状態で5分ほど色々話をしていたら、突然首の痛みが軽くなり、手の痺れがなくなりました。

「何コレ!」と驚きの声を上げたのを今でもハッキリ覚えております。

彼も、「実は良くわからないけど、この石すごいんだよ」と言って色々な事例を話してくれました。

「足の痛い人がこの石で痛いところをさすれば、痛みが軽くなったり、色んなことが起きている。」とか、色々と話してくれました。

私は興奮して、パウダーを少し分けてもらい、会社に持ち帰り、社員にも試して見ました。

肩こりの激しいスタッフでした。

これもビックリです。

そうしているうちに、いろんな人に試して見ると面白い結果が出ました。

「コレは、世の中に出さなくてはいけない。」

「世の中に出すために私の首が痛くなったのだ。」
と思い、そこから色々と研究を始めました。

それから少しづつではありますが、理屈がわかりはじめました。

「育成光線」

当時はまだあまり知られた言葉ではありませんでした。
(今でもあまり知られていませんが・・・)

少しづつ理屈がわかり始め、ひとさまに説明ができるようになって来た頃、近くの三菱水島病院の森野院長様が非常に興味を持って下さり、この鉱石(皇輝石と名づけました)でベッドを作れと言われ、第一号機の岩盤温熱ベッドができ上がり、納品させていただきました。

その後、院内で色々実験をして下さり、「育成光線で身体を温めると血液に変化が起こる。」ということが判ってきました。

薬事法の関係があるので、これ以上書くことができませんが、非常に興味深いデータが出てきました。

その後岡山大学医学部の後輩である、現在の当社共同研究先である岡山大学上者教授をご紹介くださり、ますます研究が進化して来ました。

昨年度は岡山県から助成金を頂き40名の糖尿病の方にモニターを依頼してトップページにあるような実験ができました。

ただいま「岩盤温熱ベッドで病院・医院・デイサービス・デイケア・ホテルの開業・集客アップを!」をキャッチフレーズに 頑張っております。

       ↓

a:5874 t:1 y:1